tom44
LINEでシェア
  • tom44_1
  • tom44_2
  • tom44_3
  • tom44_4
  • tom44_5
  • tom44_6
  • tom44_7
  • tom44_8
  • tom44_9
  • tom44_10
  • tom44_11
  • tom44_12
  • tom44_13
  • tom44_14
  • tom44_15

江戸友禅に手刺繍の南蛮船、大彦製五つ紋付黒振袖

  • 留袖
商品コード:
tom44
商品価格:
68,000円(税抜)
送料:
無料

私たちは、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただくため、すべての原価を開示しています。詳細

「お気に入りリスト」から、登録したきものの検討・比較や試着、レンタル申し込みができます。

きものについて

江戸時代から明治時代に工芸家・収集家として活躍した野口彦兵衛のアンティーク黒留袖です。愛好家の間では大彦として有名です。南蛮船だけを手描き・手刺繍した黒留袖は、正絹の質、染めの深さ、江戸友禅の雅さ、手刺繍の細かさともに秀逸です。五三の桐の五つ紋が印されています。市松と花々が織り出された丸帯でコーディネートしました。

小物について

小物は無料です。レンタルお申し込み後、マイページでお選びいただけます。

サイズ

サイズ(身丈) 162cm
サイズ(袖丈) 58cm
対応身長 cmくらいまで
サイズ(号数)

セット内容

ご確認事項

  • アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
  • お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
  • コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。

店主のひとこと

大彦のアンティーク黒留袖です。大彦こと野口彦兵衛は、明治20年代に「これは!」と思う小袖を収集した人として有名ですが、実は自身も工芸家だったのです。「高級呉服なら京都」と言われた明治20年代に、「東京ならではのきものを作りたい」という覚悟で染工場を立ち上げ、美術的なきものを次々と世に送り出しました。そのひとつひとつのきものに題名が付けられていたというから驚きです。
この南蛮船の黒留袖は大彦製です。手描きの江戸友禅に、びっしりとほどこされた手刺繍。さすがは大彦、いつかは大彦、見せびらかしたいほどのきものです。自信があるからこそのスッキリとしたデザインです。前身頃の南蛮船のみ。格好良いですよね。七宝の手刺繍も細かいですし、金駒刺繍だけで描かれた梅もあります。存在感がありますね。
この大彦の黒留袖は、サイトに載せる前にご予約をいただいてしまい、すでに結婚式で披露されました。大きなホテルでの結婚式でしたが、会場に圧倒されることもなく、溜め息が出るほどの美しさだったそうですよ。
黒もしっかりと残っていますので、大切に保管されていたことはもちろんですが、もともとの染めの回数が多かったのではないかと思います。ありがたいことです。
帯は、大きな市松に、花や七宝が織り出された丸帯を結びました。大きな絞りの帯揚げと、織り柄の入った丸ぐけ帯締めは白で揃え、金銀の末広を挿して、花嫁花婿のお母さまコーディネートのできあがりです。
黒留袖を着るのは、一生に数回しかありませんからね、ぜひ「いつかは大彦」を着ていただきたいものです。
身丈が162cm、袖丈が58cmですので、身長が157~167cmほどの方にお召しいただけます。お身内の結婚式にどうぞお選びくださいませ。

原価の内訳について

私たちは、デザイン、品質、価格に至るまで、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただきたいと考えています。
このため、きものの仕入れから補修、配送などすべての原価を開示しています。

きものの仕入れ

  • 着物
    250,000円
  • 帯or袴
    450,000円
  • 長襦袢
    18,000円
  • 補修作業費
    48,000円
  • クリーニング費
    8,000円
  • 配送費
    6,000円
  • 梱包作業費
    6,000円
  • 原価の合計786,000
  • ゆめや価格
    68,000
  • ご参考価格 (※)
    0

※「ご参考価格」は、当社が2019年9月に実施したリサーチ対象のアンティーク着物レンタルECサイト(5店舗、総計979点、2019年9月時点)に掲載されたレンタル用アンティーク着物商品について、当社の種類別ジャンル(振袖、卒業式袴、訪問着など)に沿って分類を行った上、各ジャンル内で商品を価格別に3グループ(高価格帯、中価格帯、低価格帯)に分類し、各グループ毎に算出した平均値を示しています。

LINE ご質問はお気軽に!