fui39
LINEでシェア
  • fui39_1
  • fui39_2
  • fui39_3
  • fui39_4
  • fui39_5
  • fui39_6

薄桃色に菊、梅、桐紋様の総絞り振袖

  • 色振袖
  • 成人式
  • 婚礼
商品コード:
fui39
商品価格:
60,000円(税抜)
送料:
無料

私たちは、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただくため、すべての原価を開示しています。詳細

「お気に入りリスト」から、登録したきものの検討・比較や試着、レンタル申し込みができます。

きものについて

白い正絹地に総絞りで扇面紋が描かれたアンティーク色振袖です。紗綾型が織り出された正絹地に、20数万粒の絞りをほどこして、何色も何度も染めを繰り返したきものです。帯は亀甲、菊、七宝、梅などの吉祥柄が描かれた袋帯を変わり結びにしました。赤い丸ぐけ帯締めと、赤い絞りの帯揚げに、重ね衿は市松と花柄の二重使いにしてみました。淡いきものの柄を、きゅっと引き締めるコーディネートです。

小物について

小物は無料です。レンタルお申し込み後、マイページでお選びいただけます。

サイズ

サイズ(身丈) 167cm
サイズ(袖丈) 105cm
対応身長 172cmくらいまで
サイズ(号数) 7号~13号

セット内容

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・足袋が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

※ご婚礼用の商品の場合、上記に加えて、筥追(はこせこ)・末広(すえひろ)・抱え帯(またはしごき)も含まれます(お色は3パターンからお選びください)。

ご確認事項

  • アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
  • お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
  • コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。

店主のひとこと

七色の絞りにみるアンティーク手仕事の根気 「総絞り」のきものをお召しになったことはありますか?たいへんな手間が掛かり、40~80年ほど前は一般的には手に入れることができなかった高価なきものでした。

正絹の地には紗綾型が織り出されています。その生地を色ごとに絞りをほどこして染め、解いて、次の色をまた絞り、染め、ほどきます。色の数だけこの作業を繰り返すのですが、このきものには、淡いピンク、ピンク、淡いオレンジ、オレンジ、ちょっと薄い赤、赤、紫、ぱっと見ただけでも7色ですから、実際はより多くの色が使われています。絵柄の間に紗綾型が見えるのも、きものの立体感にプラスになっていますね。

きもの全体で20~22万粒の鹿の子絞りを施すそうです。1粒に4回~6回も糸を巻きますので、20万粒かける6、いや8回もあるかもしれません。気が遠くなりますね。色が多ければ多いほど、作業はたいへんになります。根気のいる仕事です。一枚のきもののために毎日同じように絞るわけですが、機械と違って糸が微妙にズレるところがあります。それが手仕事の良さであり価値ですね。

見る方を圧倒する存在感の、総絞りのアンティーク色振袖です。ぜひ大切な日にお召しになってください。

原価の内訳について

私たちは、デザイン、品質、価格に至るまで、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただきたいと考えています。
このため、きものの仕入れから補修、配送などすべての原価を開示しています。

きものの仕入れ

  • 着物
    38,000円
  • 帯or袴
    38,000円
  • 長襦袢
    18,000円
  • 補修作業費
    48,000円
  • クリーニング費
    8,000円
  • 配送費
    6,000円
  • 梱包作業費
    3,000円
  • 原価の合計159,000
  • ゆめや価格
    60,000
  • ご参考価格 (※)
    150,000

※「ご参考価格」は、当社が2019年9月に実施したリサーチ対象のアンティーク着物レンタルECサイト(5店舗、総計979点、2019年9月時点)に掲載されたレンタル用アンティーク着物商品について、当社の種類別ジャンル(振袖、卒業式袴、訪問着など)に沿って分類を行った上、各ジャンル内で商品を価格別に3グループ(高価格帯、中価格帯、低価格帯)に分類し、各グループ毎に算出した平均値を示しています。