fui16
LINEでシェア
  • fui16_1
  • fui16_2
  • fui16_3
  • fui16_4
  • fui16_5
  • fui16_6
  • fui16_7
  • fui16_8
  • fui16_9
  • fui16_10

ばら色と空色流水紋様に鼓と春秋紋様の振袖

  • 色振袖
  • 成人式
  • 婚礼
商品コード:
fui16
商品価格:
180,000円(税抜)
送料:
無料

私たちは、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただくため、すべての原価を開示しています。詳細

「お気に入りリスト」から、登録したきものの検討・比較や試着、レンタル申し込みができます。

きものについて

青色や薔薇色など、ぼかしの技術を駆使して多様な色で染め分けられた地色に、空色で流水を、宝尽くし、笙の笛を手刺繍で施した、大正時代のアンティーク色振袖です。このきものは京都の旧家から譲り受けました。帯は明るいシルバーの地に、赤、橙、緑などで花々が手刺繍されたものを結びました。ぼかしの入ったブルーのきものと、明るいシルバーで、爽やかな組み合わせとなっています。

小物について

小物は無料です。レンタルお申し込み後、マイページでお選びいただけます。

サイズ

サイズ(身丈) 175cm
サイズ(袖丈) 107cm
対応身長 180cmくらいまで
サイズ(号数) 7号~13号

セット内容

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・足袋が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

※ご婚礼用の商品の場合、上記に加えて、筥追(はこせこ)・末広(すえひろ)・抱え帯(またはしごき)も含まれます(お色は3パターンからお選びください)。

ご確認事項

  • アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
  • お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
  • コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。

店主のひとこと

ぼかしと手刺繍が告げる春の訪れ ぼかしの技術はとても手間がかかるため、なかなか伝承が難しいようです。上下に分けるだけの「ぼかし」が多い中、このきものは、柄の端々に「ほかし」の技法が使われており、たいへん凝った地色となっております。

空色の流水は、流れが永久に続くことを意味するおめでたい文様です。流水を背景に、宝尽くし、梅の花や牡丹の縁取り、橘、鼓、笙の笛など、挙げていけばきりが無いほどの手刺繍が施され、見事な振袖に仕上がっています。現在はミシン刺繍が一般的ですが、ミシン刺繍では強度のあるポリエステル製の糸を使うため、きものが重くなってしまいます。裏側を見ると、手刺繍かミシン刺繍か、どちらなのかがよく分かります。

家紋は「下がり藤」です。「下がり藤」の家紋は、1200年もの間栄えた藤原氏が使っていたものです。「下がり藤」とは別に「上がり藤」など、藤にも様々なデザインと歴史があります。

寒い冬から、花々の咲き乱れる春への訪れを告げるかのような、希望に満ちたアンティーク色振袖です。1月に催される成人式や3月の卒業式でもお召しいただけます。

原価の内訳について

私たちは、デザイン、品質、価格に至るまで、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただきたいと考えています。
このため、きものの仕入れから補修、配送などすべての原価を開示しています。

きものの仕入れ

  • 着物
    98,000円
  • 帯or袴
    78,000円
  • 長襦袢
    28,000円
  • 補修作業費
    45,000円
  • クリーニング費
    8,000円
  • 配送費
    6,000円
  • 梱包作業費
    3,000円
  • 原価の合計266,000
  • ゆめや価格
    180,000
  • ご参考価格 (※)
    208,000

※「ご参考価格」は、当社が2019年9月に実施したリサーチ対象のアンティーク着物レンタルECサイト(5店舗、総計979点、2019年9月時点)に掲載されたレンタル用アンティーク着物商品について、当社の種類別ジャンル(振袖、卒業式袴、訪問着など)に沿って分類を行った上、各ジャンル内で商品を価格別に3グループ(高価格帯、中価格帯、低価格帯)に分類し、各グループ毎に算出した平均値を示しています。