fui10
LINEでシェア
  • fui10_1
  • fui10_2
  • fui10_3
  • fui10_4
  • fui10_5
  • fui10_6
  • fui10_7
  • fui10_8

黒色束ね熨斗紋様総絞りに松梅菊の振袖

  • 色振袖
  • 成人式
  • 婚礼
商品コード:
fui10
商品価格:
180,000円(税抜)
送料:
無料

私たちは、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただくため、すべての原価を開示しています。詳細

「お気に入りリスト」から、登録したきものの検討・比較や試着、レンタル申し込みができます。

きものについて

現代物の総絞りの振袖です。黒がベースとなっており、松とリボンのような布が、絞りの技法で描かれています。錦紗で縁取りされた松がアクセントになっています。帯は黒地に立涌の織り出しの袋帯をコーディネートしました。帯ときものは黒で揃え、帯揚げと帯締めは赤を使っています。

小物について

小物は無料です。レンタルお申し込み後、マイページでお選びいただけます。

サイズ

サイズ(身丈) 162cm
サイズ(袖丈) 112cm
対応身長 167cmくらいまで
サイズ(号数) 7号~13号

セット内容

きもの・帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・足袋が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

※ご婚礼用の商品の場合、上記に加えて、筥追(はこせこ)・末広(すえひろ)・抱え帯(またはしごき)も含まれます(お色は3パターンからお選びください)。

ご確認事項

  • アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
  • お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
  • コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。

店主のひとこと

その数22万!現代職人による総絞り この総絞りを手作業で施した職人さんには、頭の下がる思いです。職人の手による、総絞りの現代物の振袖です。

総絞りは生地を縮めていきますので、もとの反物では16mほど必要になります。この反物に20万~22万の絞りを施し、総絞りのきものを作っていきます。4回巻き、6回巻き、8回巻きなどの糸の巻き付け方を使い分け、その後、糸を巻き付けた部分に染めを入れていきます。きつく巻かれた反物に、しっかりと色を入れるため、同じ色で何度も何度も染める作業を繰り返します。永遠に続くかと思われるほどの、この地道な作業を繰り返すことにより、良い黒に染まります。

染めあがった後は、縛っていた糸を解く作業が待っています。せっかく入れた絞りが伸び過ぎないように、根気よく糸を解いていきます。まさに職人技ですね。

この絞りで浮かび上がらせた「松」には、錦紗で縁取りが施されており、豪華さに花を添えています。

帯は、黒地に立涌の織り出しの袋帯を合わせました。黒で揃えられた帯ときものに、帯揚げと帯締めで赤を使い、厳かな中にもお目出度い組み合わせとなっています。バランスよく調和していますね。

婚礼はもちろん、卒業式や成人式に、しっとりと大人のイメージで臨みたいお嬢さまにぴったりの振袖です。

原価の内訳について

私たちは、デザイン、品質、価格に至るまで、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただきたいと考えています。
このため、きものの仕入れから補修、配送などすべての原価を開示しています。

きものの仕入れ

  • 着物
    98,000円
  • 帯or袴
    48,000円
  • 長襦袢
    28,000円
  • 補修作業費
    55,000円
  • クリーニング費
    8,000円
  • 配送費
    6,000円
  • 梱包作業費
    3,000円
  • 原価の合計246,000
  • ゆめや価格
    180,000
  • ご参考価格 (※)
    208,000

※「ご参考価格」は、当社が2019年9月に実施したリサーチ対象のアンティーク着物レンタルECサイト(5店舗、総計979点、2019年9月時点)に掲載されたレンタル用アンティーク着物商品について、当社の種類別ジャンル(振袖、卒業式袴、訪問着など)に沿って分類を行った上、各ジャンル内で商品を価格別に3グループ(高価格帯、中価格帯、低価格帯)に分類し、各グループ毎に算出した平均値を示しています。