fuh70
LINEでシェア
  • fuh70_1
  • fuh70_2
  • fuh70_3
  • fuh70_4
  • fuh70_5
  • fuh70_6
  • fuh70_7
  • fuh70_8
  • fuh70_9
  • fuh70_10
  • fuh70_11
  • fuh70_12
  • fuh70_13
  • fuh70_14
  • fuh70_15

薄藍色に金泥の波、花の引振袖

  • 引振袖
  • 婚礼
商品コード:
fuh70
商品価格:
260,000円(税抜)
送料:
無料

私たちは、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただくため、すべての原価を開示しています。詳細

「お気に入りリスト」から、登録したきものの検討・比較や試着、レンタル申し込みができます。

きものについて

菊、桜、梅が、ブルー地に良く映え、永久に続く波が金泥(きんでい)で表された、アンティーク色振袖です。金色の菊や赤い菊、桜などがきものの青地によく映えて配置されており、波にも花が舞っています。帯はおめでたい文様として、振袖や帯によく使われる亀甲柄のものを選びました。

小物について

小物は無料です。レンタルお申し込み後、マイページでお選びいただけます。

サイズ

サイズ(身丈) 164cm
サイズ(袖丈) 97cm
対応身長 169cmくらいまで
サイズ(号数) 7号~13号

セット内容

打掛・掛下きもの・長襦袢・掛下帯・帯揚げ・帯締め・バッグ・草履・かんざし/髪飾り・肌着・裾よけ・長襦袢(半襟付き)・重ね衿(きものの種類やコーディネートによる)・衿芯・腰紐(5本)・コーリンベルト・伊達締め(2本)・帯板(1枚、花嫁、振袖の場合2枚)・帯枕・三重仮紐・足袋が含まれます。なお、肌着のサイズはレンタルのお申し込み後に当店よりメールにて確認させていただきます。

ご確認事項

  • アンティーク品につきましては、多少の色のくすみやシミ、生地の磨耗などがある場合がございます。アンティーク品の特性をご理解いただいたうえで、ご利用ください。
  • お使いのモニターなどのPC環境、スマートフォンや携帯電話により、実物と写真の色などに差のある場合がございます。
  • コーディネートの帯や小物は、写真とは異なる場合がございます。詳しくは、ご希望がある場合は、ご試着時にご相談ください。

店主のひとこと

この波のように、幸せよ続け 横浜からいただいてきたアンティーク色振袖です。鮮やかなブルー地に、菊、桜、梅、紅葉など、大小の花々が描かれており、そのほとんどに手刺繍が施された、たいへん豪華なきものとなっております。現代にも通じる、とても素敵なデザインですね。

裾や袂には、永遠に続く波が金泥で表され、娘の幸せを願う親心のように溢れています。波紋は変化する波の形を文様化したもので、低い波を「女波(めなみ)」、高い波を「男波(お波)」あるいは「片男波(かたおなみ)」と呼びます。その波が上前に金泥で描かれ、袖にも金泥・銀泥などで表現されています。

紋は「五三の桐」の五つ紋、第一礼装です。「菊の御紋」と並んで、天皇家で使われてきた紋章です。豊臣秀吉の家紋としても有名ですね。

帯は亀甲柄のものを選びました。亀甲柄は文字通り「亀の甲羅」の柄で、おめでたい文様として多くの振袖や帯に使われています。枠外に花菱を入れた「亀甲花菱」や、上下左右に連ねた「亀甲つなぎ」、中に小さな亀甲を入れた「子持ち亀甲」など、アンティークきものでも数多くのパターンを目にします。今回使用した帯は、花菱が入った「亀甲花菱」です。きものの青い地と対色になる、赤い亀甲でコーディネートしてみました。

原価の内訳について

私たちは、デザイン、品質、価格に至るまで、お客様に納得してゆめやのきものをご利用いただきたいと考えています。
このため、きものの仕入れから補修、配送などすべての原価を開示しています。

きものの仕入れ

  • 着物
    148,000円
  • 帯or袴
    88,000円
  • 長襦袢
    28,000円
  • 補修作業費
    58,000円
  • クリーニング費
    8,000円
  • 配送費
    6,000円
  • 梱包作業費
    3,000円
  • 原価の合計339,000
  • ゆめや価格
    260,000
  • ご参考価格 (※)
    288,000

※「ご参考価格」は、当社が2019年9月に実施したリサーチ対象のアンティーク着物レンタルECサイト(5店舗、総計979点、2019年9月時点)に掲載されたレンタル用アンティーク着物商品について、当社の種類別ジャンル(振袖、卒業式袴、訪問着など)に沿って分類を行った上、各ジャンル内で商品を価格別に3グループ(高価格帯、中価格帯、低価格帯)に分類し、各グループ毎に算出した平均値を示しています。